瀬戸内海の静かな環境を守る住民ネットワーク
福田良彦・岩国市長への公開質問状


2008年2月26日

岩国市長 福田良彦様

瀬戸内海の静かな環境を守る住民ネットワーク
  代表世話人 河井 弘志
   〒740-0042 岩国市青木町2-24-45 桑原方


公 開 質 問 状

私たちは、米軍再編により、岩国基地が増強されると地域住民の安心安全を脅かし、米軍機の爆音被害も増大するものと考え、いま以上強化させないことを目的に、岩国基地を取り巻く地域住民が一体となり、共同の活動を進めている市民団体です。このたび、岩国市長となられました福田良彦様に、改めて米軍岩国基地に関する諸問題について、どのようなお考えてあるか、以下の公開質問状を提出させていただきます。2008年3月12日までに文書にてご回答いただきますようよろしくお願いします。

《質問1》

貴職は市長選挙において、国のいいなりではなく、騒音および治安問題など住民の立場で安心安全な生活環境を整えるべく、具体的な交渉をすると公約されて当選されました。具体的な交渉とはどのようなことか具体的にお答えください。

《質問1-2》

「住民の立場の安心安全な生活環境」とは、貴職はどのような環境をお考えですか具体的にお答えください。

《質問2》

選挙期間中のマスコミ報道によりますと、騒音を我慢の限度内に抑えることを国から約束を取り付けるとのことですが、貴職は我慢の限度内とはどの程度のことをお考えですか。具体的にお答えください。

《質問2-2》

国から約束を取り付けるとは、どういう方法を考えておられますか。具体的にお答えください。

《質問3》

世論調査によると60%を超える市民が艦載機移駐に対して反対の声をあげています。福田市長は市民党を掲げておられますが、この市民の声をどのように受け止めておられますか。

《質問4》

多くの市民が連日起きている米兵の暴行事件に対して、不安に感じています。政府が岩国市内に米軍住宅を造ると提案してきた場合、市民の安心安全を守る立場の市長として、貴職はどのような立場をとられますか。

《質問5》

現在でも、岩国基地から飛び立った米軍機の爆音被害などが、岩国市をはじめ、周辺自治体の住民に対しても及んでいます。これに対して貴職はどのようにお考えですか。

2008年2月26日(火)更新

■トップページ

■「結成の集い」アピール

■結成までのあゆみ

■申し合わせ

■ご入会の案内

■入会申込書(pdfファイル)

■リンク集

■活動記録

■更新記録

■苦情・相談窓口

■軍用機飛行情報BBS

■岩国基地関連情報

■会報

■会員専用BBS

■その他

■サイトマップ

■メール